会社設立をする場合に失敗しないための前準備が不可欠、その極意学べ

在職中に会社設立

在職中の会社設立について

在職中に会社設立
在職中に会社設立する場合には、勤めている会社に了承を得なければなりません。個人の自由だと思うかも知れませんが、副業などは業務に支障が出る可能性があるので、禁じている企業も少なくありません。業務に支障が出てしまった場合には、責任問題となったり、契約違反になる場合もあるので、注意が必要です。
また、会社設立したことを伝えておけば、会社側もある程度の自由を認めてくれたりすることもあるので、上司や同僚の協力を得るためにも、会社設立に対する理解を得ていることが大切になります。
在職していると収入がある程度はあるので、リスクを減らして会社設立をすることができるというメリットがあります。その反面、2つの仕事を持つことで多忙になったり、混乱することもあるので注意が必要です。
在職中に起業する人は日本の場合にはとても少なくなっています。会社の了承が得られなかったり、本業だけでも多忙過ぎて副業を持つことも難しい場合が多いからです。副業していたとしても、休日や夜間だけだったりするので、会社設立するほどの事業規模がない場合も多くなっています。
会社設立すれば、ビジネスをより大きく展開できますが、在職中の場合には時間が限られるので、結局は大きなビジネス活動はできない場合も多いです。会社設立する必要が本当にあるのかどうかをきちんと検討した方がいいです。そして、もしも会社設立する方がいいとしたら、離職した方が良い場合も多いのです。在職中に拘れば、会社と問題が起こったり、多忙過ぎて倒れたりすることもあるので注意が必要です。
一般的な方法は勤めながら副業を始め、ある程度のビジネスの規模になったら、会社を離職して独立するという方法です。この方法なら、会社の了承を得る必要もありませんし、離職してから副業を法人化し、ビジネスの規模を大きくしていけるので、無理なくできる場合が多くなっています。
ただし、副業を理解してくれる企業に勤めているなら問題がない場合もあります。特にフルタイムでの勤務ではなく、短時間勤務を認めてくれたり、就業時間中に副業の業務をこなしても良いという場合には、並行してやるメリットがあります。このような企業を探すことは難しいですが、小さな会社では業務量が少なく忙しくない場合もあり、理解が得られる可能性もあります。また、勤める会社の社長も独立しているので、独立したい人の気持ちも分かってくれる場合があり、心強い理解者となってくれることもあります”